■新着情報&トピックス

2016年07月19日
【ニッコーは省エネルギー化と環境への配慮を基に、6月末までに会社内の照明を全てLEDに変更しました】
株式会社ニッコーでは地球環境への貢献の為、低炭素社会を目指します。
社会に多大な影響をもたらす地球温暖化の緩和を目的として、その原因である温室効果ガスのうち、大きな割合を占める二酸化炭素の排出が少ない社会を構築することが、世界的な課題となっています。
原発停止による火力発電の増加、温室ガスの増大、再生エネルギーへの課題など地球環境を取り巻く課題はさまざまです。
仮に国内企業の全てがLED照明にした場合、その効果は「原発14基分に相当する」とも言われています。
ニッコーでのLED照明導入における環境への影響は、1ヵ月で約1676kgの二酸化炭素排出量を削減する事ができます。
仮に杉の植樹計算では、約1396本相当になります。
その他ニッコーでは低酸素社会の具体的手法として、熱機関の燃料を化石燃料から再生可能エネルギーへ転換する太陽光発電のオリジナル架台制作を行っており、低酸素社会の一環を担っています。
また、ニッコーでは会社全体で環境改善活動に取り組んでおり、2003年度よりKES『京都・環境マネジメントシステム・スタンダード』京都議定書の発祥地、京都から発信された環境マネジメントシステムの規格に参加しています。

トピックスを全て表示する >>

Midi(ミディ)の情報はこちら

スピードラックの情報はこちら

スピードラック、ミディは(株)ニッコーの登録商標商品です。