お知らせ

2019.06.04

第17回環境マネジメントシステム(KES)の審査に無事通過致しました!

先日ご報告いたしました、環境マネジメントシステム(KES)の審査結果が届き、

本年度も無事に通過致しましたので、ご報告いたします。

今後も環境に配慮し地域に貢献できますよう、取り組んでまいります。

以前、環境マネジメントシステム(KES)について紹介した記事はこちら▼

http://k-nikkou.co.jp/2019/05/346/

 

2019.05.30

今年度も大阪工業大学RDクラブとの産学連携がスタート致しました!

昨年も大阪工業大学ロボティクス&デザイン工学部(通称:RDクラブ)の学生様と共同開発を行ってまいりましたが、引き続き、今年も学生様と一緒に取り組むこととなりました。

そこで、先日5月29日にキックオフ集会に参加してまいりました。

参加企業は全9社、参加学生は74名です。

それぞれ、どの企業と学生が組むかを決めるのがキックオフ集会です。

すべての企業が持ち時間3分で課題に対するプレゼンを行い、その後、興味を持った企業ブースに学生が第1希望から第3希望まで足を運ぶ時間が全部で3ターム設けられました。

 

 

足を運んでくださった学生様は全32名。とても熱心に話を聞いてくださいました。

これからどのような顔ぶれで課題に取り組んでいくか、非常に楽しみです!

【折りたたむ⇔展開する】をテーマに新しい商品を学生様と考えてまいります。

 

▼キックオフ集会の模様がRDクラブのHPでも取り上げられておりましたのでご紹介いたします。

https://www.oit.ac.jp/rdc/news/detail.php?id=5692

 

2019.05.24

第17回KES(環境マネジメントシステム)の審査が行われました!

  1. 今年度で17回目を迎えるKES(環境マネジメントシステム)の審査が5月13日に行われましたので、ご報告致します。

 

KES・環境マネジメントシステム・スタンダード

KESとは、京都議定書の発祥地である、京都から発信された環境マネジメントシステムの規格であり、

環境改善活動に参画することを目的に行われています。

具体的には、環境負荷や資源使用量を減らし、生活の質や製品機能を向上させ、地域との共生に貢献します。

 

弊社では、これまでエコ商品であるスピードラックの販売促進やフォークリフト1台を電気に乗り換えたり、

工場内の電気をすべてLEDに替えたり、地域活動として月に2回隣の公園周辺道路を清掃する活動を行ったりと

取り組みをしてまいりました。

 

これからも株式会社ニッコーは率先垂範で、環境改善活動に取り組んでまいります。

 

▼KESについてはこちら▼

http://www.keskyoto.org/

 

 

2019.05.12

ボーリング大会実施!!

先日5月11日(土曜日)に行われた社内全体研修の後、心斎橋のラウンドワンにてボーリング大会が行われ、

若手社員5名による企画で大いに盛り上がりました!!

 

会場決めからはじまり、軽食準備、グループ分け、景品準備や表彰に至るまで、

入社5年目のGさんをリーダーに、4年目Kさん、3年目Yさん、2年目Kさん、1年目Tさんが

すべて企画・手配してくださいました。

今回はじめての試みで、綿密な企画、実行力が問われる中、見事やり遂げ、企画は大成功。

若手社員の秘めた力に気付かされ、仕事の上でもこれからが益々楽しみです!

 

5チームに分かれて対戦したのですが、チーム名やチームのシンボルまで決まっており、ここにまずは一捻り・・・

眼鏡鯨にファイアーフェニックスに、と幅広い世代にうけるものに設定されていました!

 

表彰は個人賞、チーム賞とあり、個人賞にはコーヒードリップメーカーや話題の珪藻土マット、可愛いぬいぐるみなど・・・

1~3位に加え、7・11・17位の表彰もあり、「○○で賞」と、ここにもひと工夫ありました。

11位は「いい感じで賞」、7位は「ラッキーセブンで賞」

個人賞1位はなんと企画者であるYさん自ら勝ち取りました!

素敵な企画に社員皆、この笑顔です!!

若手社員の皆様、有難うございました。

 

2019.05.12

社内全体研修を今年度も行いました!

毎年新入社員を迎え、新体制の始動にあたり行っている社内全体での1日研修。

今回で5回目の実施となりました。

5月11日(土曜日)大阪商工会議所の一室を借り、9:00~17:00の間行われる研修は、

1日通常業務を離れ社内の意識統一をする、非常に貴重な機会です。

コンサルタントの江尻先生を講師に迎え、今年度は【それぞれの役割と使命、成長】をテーマに学びました。

全4グループに分かれ、ディスカッションと発表を交えながら、皆真剣に頭を悩ませ、積極的に意見交換を行っておりました。

以下、研修内容を少しご紹介。

変革を起こすためには経営の基礎を構成するひとつである「ひと」の変革が欠かせない。

つまりは、【ひとの変革=成長】が要であり、成長とはコミュニケーションによるものであります。

まずは「ありがとう」を日頃より仲間に伝え、お互いを認め合い、困っていたら手を差し伸べたり助けられる組織であろうと、

今後、社内ではサンキューコールプロジェクトを立候補3名により行うこととなりました!

研修の最後には10年後の私への作文を書き、提出しました。

<時間は有限であり、目標は夢=絵空事で終わらせず、より具体的、定量的に設定することが必須である>

非常に重要なことを考える時間にすることができました。

研修は受講して終わりではなく、立ち止まって考える機会であり、スタートラインです。

ここから社員全員の挑戦がはじまります!!

2019.04.16

社内恒例行事【お花見】を今年度も行いました!

先日の話。
会社横の公園にて満開の桜の中、お花見を行いました🌸
新しい期が始まる春、きれいに咲き誇る桜を楽しみながらのお花見は社員恒例行事となっております!

写真にある、2019年版の「ゆかいな仲間達」の看板は、なんと入社2年目のKさんが手作りしてくれました!
トトロやお花まで細やかで可愛らしいデザインになっているところにも、ぜひご注目ください👀

新入社員も迎え、新体制で本格始動です!!

2019.04.01

\おかげさまで第70期を迎えました/

おかげさまで第70期を迎えました!

各社で入社式が行われる本日、ニッコーでも新入社員を迎え、

新体制で気持ち新たにスタートを切ることができました!
これも偏に、日頃よりお引き立てをいただいている皆様のお蔭でございます。

本日、新元号「令和」の発表があり、日本も新たな時代が始まろうとしています。

弊社も新規分野への挑戦、そして今秋も展示会への出展を控えており、

 

新商品の開発も加速度的に進めており、やる気と活気に満ち溢れております。

 

第70期も株式会社ニッコーを、宜しくお願い致します。

2019.03.29

~ご報告~

G20サミットにて、弊社商品が使用されることとなりました!

今回購入していただいたのは、スピードラック®️シェルフという、弊社オリジナル商品!

以前購入いただき、リピートとして追加購入したいと、公的機関よりお問い合わせをいただきました🌱

◆G20サミットとは、37の国や機関が参加し、経済分野を主要議題として毎年開催される国際会議です。2019年は6月に開催予定で、日本が議長国となり、大阪で開催されます。
日本がこれまで経験したことのない大規模な国際会議となります。
今年6月には大阪府市立校や幼稚園も休校になるとか・・・
G20サミットに東京オリンピックに大阪万博にと楽しみですね!

スピードラック®️シェルフについてはこちら
▶︎▷ http://k-nikkou.co.jp/products/74/

2019.03.04

🌸「中国華東輸出入商品交易会2019」を終えて…🌸

🌸「中国華東輸出入商品交易会2019」を終えて…🌸

2019年3月1日(金)~4日(月)
中国上海市 上海新国際博覧センターにて行われた「中国華東輸出入商品交易会2019」に出展致しました❀

 

今回お声かけいただき、同展示会の大阪府ブースの一角にて弊社商品を紹介させていただきました。
初の海外展示会への参加で感じたことは、中国という国のポテンシャルの高さ。

降り立った上海空港の広さにまずは驚いたスタッフ。会場入りするまでワクワクが募りました。

 

斬新なアイデアの光る雑貨品を中心に多くの商品が紹介されており、

スタッフ自身も刺激的な4日間を過ごすことができました。

 

新たな販路につながる貴重な出会いもあり、今後の展開に気合いが入っております。

ブースに足を運んでくださった皆様、誠に有難うございました。

 

2019.03.01

本日より、「中国華東輸出入商品交易会2019」へ出展します

\本日より、「中国華東輸出入商品交易会2019」へ出展します/

2019年3月1日(金)~4日(月)

中国上海市 上海新国際博覧センターにて

 

大阪府と上海市が姉妹都市であることが縁で、

今回弊社も上記交易会の大阪府ブースへ出展する機会をいただきました。

 

前回の来場者数が45,615人、世界119の国からの来場を記録した、世界的にも注目されている展示会のひとつで

社員一同とても楽しみにしてまいりました!!

多くの方とのご縁をいただけますように…♩

 

詳しくはこちら・・・http://www.ecf.net.cn/jp/content.asp